きものリスト  
きものを着る時に必要なものリストです。わかりにくいものは、写真を載せました。
着物を着る前日までに、半襟は長襦袢につけて、小物は忘れ物のないように、まとめておきましょう。お天気によっては必要となる道行きや雨コートなども忘れずに。地域や慣習、着方によって異なる場合がありますことをご了承下さい。
必ずいる物場合によって必要な物・おしゃれな物便利な小物お助けサイト

 必ずいる物
きもの <礼装>… 花嫁衣装・振袖・留袖・喪服
<準礼装>… 色無地紋付き・訪問着・付下げ
<社交着>… 小紋・お召し
<外出着>… 紬・大島
<普段着>… 木綿やウール、化繊の着物
<丸帯>… 最高級の帯。今では花嫁衣装など以外ではほとんど使用されません。
<袋帯>… 袋状に仕立ててあり芯も入れないことから着やすく、現振袖・留袖といった第一礼装から社交着まで広く活躍する帯となっています。
<名古屋帯>… 布地が経済的で締めやすいことから、外出着用として手軽に利用されます。
<作り帯>… 背中のお太鼓部分を最初から作ってある帯。初心者でも簡単に締められます。
長襦袢
(ながじゅばん)
保温と着物の汚れ帽子の為に着ます。
留袖、喪服の時は白ですが、吉祥の地紋(おめでたい柄が織り模様になっている生地)の場合は留袖用です。
半襟
(はんえり)
長襦袢の襟部分に縫い付ける布です。本来汚れ防止ですが、装飾性も兼ねてます。フォーマルの場合は白。
草履 基本的に格の高い着物にはかかとの高いものを合わせ、普段着にはかかとの低い物を合わせます。 喪服の場合は黒
バッグ 喪服の場合は黒
帯揚げ 帯揚げ帯枕を隠し、帯を固定。また、きもの、帯、帯締めとの色のコーディネートも楽しみます。
留袖は白、喪服は黒。
帯締め 帯締め丸いものと平たいものがあり、細いものを2〜3本より合わせて使うこともあります。
房がばらばらな時は、湯気に当てるときれいになります。
留袖は白、喪服は黒。。
肌襦袢 長襦袢の下に着ます。いわゆる肌着。
裾よけ 腰から下の線を整え、裾さばきを良くするためのもの。
伊達締(だてじめ)
(2枚)
伊達締帯の下に締め、ウエストの形を整え、着物の着崩れを防ぎます。マジックテープ式の楽なものもあります。
着物用と長襦袢用に1枚づつ必要。
3本) 4〜5cm幅、長さ2m前後を用意。
足袋 着付けの一番最初に身につけます。足袋を半分に折り返しておくと履きやすくなります。意外と目立つ場所なので、汚れは厳禁!
帯枕
(おびまくら)
帯枕後ろ帯の形を整えるためのもの。角の丸い長方形状で厚みがあり、お太鼓の芯となります。
帯板
(おびいた)
帯板帯の正面のシワをなくすため、帯の内側に入れます。
ぞうり 振袖、留袖などの礼装にはかかとの高いぞうり。それ以外には2〜3cmのかかとのものを。
▲このページのトップへもどる

 場合によって必要な物・おしゃれな物
末広
(すえひろ)
末広「祝儀扇」とも言い、帯にさします。留袖には必須。黒い骨の末広はフォーマルな着物全般に使えますが、白い骨の末広は、色留袖、訪問着などにはいいですが、黒留袖には使えません。
伊達衿
(だてえり)
きものを二枚重ねて着ているように見せるもので、衿元を華やかに見せます。色はきものと同系色か反対色が一般的ですが、紋を付けた訪問着、無地を結婚式に着る場合は、白にします。
髪飾り  
帯留
(おびどめ)
帯締めに付けるブローチのようなもの。
▲このページのトップへもどる

 便利な小物
ゴムベルト ゴムベルト着崩れを防ぎます。
帯止め 帯止め帯を結ばずに、挟んで止めます。結び目を作らないので、帯が傷むのを防げます。帯枕も安定するので、自分で着る時にはとても便利。
衿芯 ナイロン製など。
半襟を縫い付けた中に通します。
芯を入れて、縫い付けなくても良いので便利です。
道行き
(みちゆき)
道行き11月頃から3月頃まで着る防寒用のコート。礼装から街着まで合わせられる。
▲このページのトップへもどる

 お助けサイト
▲このページのトップへもどる
このページ情報は、皆さんからの情報によって更新されています。
ご存じの最新情報がありましたら、ぜひご連絡ください。

E-Mail:こちら
TEL:055-988-7878
FAX:055-988-7879



Copyright (C) 2004 ちょいみみタウン. All Rights Reserved.